GM9月 「疎開の地を訪ねて」三武久美子

mitake Post in ひとこと通信
コメントは受け付けていません。

9月のテーマ「戦後七十年」に沿って、講師三武久美子が書いたのは「疎開の地を訪ねて」

この夏、息子が富山の女性と結婚し、その縁がもとになり、亡き姉が七十年前品川区の学童疎開で滞在していた、富山のお隣の町滑川のお寺を訪ねたことをまとめました。

生涯独身で子も産まなかった姉の足跡を、肉親として書き留めておきたく、姉の七回忌となる今年、疎開地訪問は是非とも実現したかったんです。ただし、富山と縁ができなかったら、、、?

戦中派の方々に贈る、私なりのレクイエムです。

戦中派の方々に贈る、私なりのレクイエムです。

私なりのレクイエムです

私なりのレクイエムです

 

« Prev:

Comments are closed.