GM㋂秀作 断捨離 湯浅美代子

mitake Post in 文章教室, 秀作
コメントは受け付けていません。

GM三月秀作
「断捨離」湯浅 美代子
主人が逝って早六年が過ぎた。時々、介護に追われた日々が思い出されるこの頃だ。同時に、まあよくも介護ができたなあとも思う。布団屋を営みながら、殆ど毎日施設へ通い、面会時間ぎりぎりまで面倒を見て帰宅した。
幸い当時は介護施設が増設の一途を辿っていた頃で、比較的入所しやすく、三か月入所が目安だったが、施設によっては一年以上も受け入れてくれる処もあり有り難かった。
六年が過ぎ時間ができて、夫が残した身の回りの品々等を片づけているのだが、昔だったら形見分けしてお世話になった方々や身内に受け取って戴くところなのだが、近頃は物が豊富で却って迷惑になってしまうのではと二の足を踏んでいる。
たまたま体形の似た身内がいたので、コートやスーツなどは着てもらったが、肌着や普段着は思い切って捨てた。ただ二十枚以上あるパジャマは、なぜか捨て切れず、未だに段ボール箱に入ったままになっている。
たまに箱を開けて見ていると、ああこのパジャマを着ていた時に高熱に驚かされ、後のことを病院に託して家路についたこと、そして身動きしてはならないとき、繋ぎのパジャマに鍵をかけ辛い気持ちを抱きながら家路についたこと等々、、。当時の思いが蘇ってくる。 だから今まで捨てず、押し入れに入れたままになっているが、そろそろ考えなくては、、、。
寸評 パジャマが二十枚以上あるとは、、。肌着は捨ててもパジャマは捨てられない心理とは、パジャマはその時々の物語があるようです。

« Prev:

Comments are closed.