長崎の郵便配達

一言通信

2022/08/09(火)

今日は七十七回目の長崎原爆忌。長崎は祈りに満ちた一日となっていることでしょう。原爆忌を前に、昨日、「長崎の郵便配達」というドキュメンタリー映画を、新宿の映画館で観てきました。原爆を問う社会派のドキュメンタリー映画と言うことで、お客さん来るのかしらと思っていましたが、夕方六時近い開演で六名の方が、このドキュメント映画を観ていました。私は長崎にいる心友から、長崎のいろんなところでロケしてるよと情報を貰ってたんで、公開になったら即観に行こうと思っていました。

オードリーヘップバーンとグレゴリーペックが共演した名作「ローマの休日」のモデルとなった、元英国空軍パイロットのピータータウンゼント氏が、退役後世界一周の旅の途次に立ち寄った長崎で、十六歳で郵便配達中に被爆し、背中に大やけどを負った谷口さんと出会い取材をしていきます。そうして出来上がったのが「長崎の郵便配達」というノンフィクション小説です。

タウンゼント氏の娘さんのイザベルさんが、父上の足跡を辿るためご家族と共に長崎を訪れ、多くの人と出会い町を歩き、父上が何故小説に書き表したのかを紐解いていきます。

住吉神社からの長崎港を俯瞰するシーンに圧倒されますし、精霊流しに同行するイザベルさん家族、爆心地や平和記念公園でたたずむイザベルさんの横顔は、憂いを秘め敢えて何も語りません。

長崎へは四月に訪れたばかりで、そこここが映像として映し出され、改めて感慨深く見ました。その後谷口さんは世界中に出かけ被爆を訴え続け、国連でも核廃絶を訴えます。「ノーモアヒロシマ、ノーモアナガサキ、ノーモアワー」

折しもロシアが不当な理由でウクライナに侵攻し、罪なき人々を殺戮し町を破壊し続けています。核施設にも攻撃を仕掛けるという蛮行に、怒りを通り越して悲しくさえなります。このことを許してはならないし、世界がノーと言わなければ。

郵便配達の自転車は赤です。

 

 

 

祖母の朝顔観察

一言通信

2022/08/07(日)

小学一年の孫が、夏休みで母の実家の富山へ帰省することになり、朝顔を預かることになりました。懐かしいですねえ朝顔観察!観察日記を書く必要はないようだが、水やりをお願いされ、祖母としては孫の頼みとあって一肌脱がねばなるまい!(笑い)とにかく毎朝の水やりを忘れないように!今朝はまた、薄紫の花を二つ咲かせてくれていて、このはかなげな色合いに癒やされますよねえ!

何とも形容しようのない色合いで、癒やされますねえ!

 

ワクチン四回目接種!

一言通信

2022/08/04(木)

午前十時前からゴロゴロ鳴り出した雷鳴、十一時現在ようやく遠のいていき、雨も小降りになってきました。久しぶりのお湿りで、気温も昨日より五~六度下がっていて、連日のうだる暑さからしばし解放され一心地つきました。

でも九州を皮切りに、形成された線状降水帯って言うんですか、もの凄い雨を降らせてどんどん北上、現在は山形県から新潟福井の辺りにかかっているようで、あの最上川が上流で氾濫したとか。「五月雨をあつめて早し最上川」は芭蕉さんが「奥の細道」で謳った名句ですが、そんな流ちょうな流れではなく恐怖の激流になっています。

福島県から新潟県を結ぶ「磐越西線」の鉄橋が崩落している写真を、たった今ネットで見ましたが、ありえないですよね鉄橋を崩落させてしまう激流、凄まじいとしか言えません。被害に遭われた方々、また避難されている方々、安全を確認するまでは、今いらっしゃるところから動かないようにしてくださいね。

某銀行の花壇に華やかに咲くハイビスカスや日々草!

話は変わってワクチン四回目接種の話しなんですが、七月三十一日午後二時半ぐらいに、近くの総合病院で四回目のワクチン接種をしました。Ⅱ型糖尿病の基礎疾患のある私なので、接種後は毎回副反応が出てしんどい思いをしていて、モデルナを接種した二回目の時は、当日夕方から接種した腕が腫れて熱が出て、夜半には下痢と嘔吐を繰り返し、戴いていた鎮静剤を飲もうと、卓上に置いた薬が悪寒の襲来で手の震えが止まらず手に取ることが出来ないんです。こんな経験は初めてでちょっと恐怖を感じました。

四回目はファイザーで、何事もなく終わって欲しいと思っていましたが、接種後六時間ほど経った頃から腕が痛み出し熱も出てきました。ああまたかと、だるくなってきた体で転がるように床につきました。夜半、嘔吐はしませんでしたがトイレには何回か通い、結局、接種から丸一日が経った頃、ようやく痛みが引いてきて熱も下がり食事もとれるまでに回復しました。

コロナ感染症は第七波の襲来で、最近では全国で二十万人以上の感染者が報告されていますが、収束が長引きまたワクチンとかになったら、、、。五回目はもう打つの止めようかなと夕食時に話すと、夫殿が、結果毎回三日間ぐらいで副反応から回復しているんだから良しとしなきゃ、コロナになったらこんなことでは済まないんだよ、まして基礎疾患があるんだから、重症化するかも知れないんだよと諭された。言われれば正にその通りで、改めてワクチン接種を考えてみました。

暑いな~!

一言通信

2022/07/29(金)

暑いです!午後2時、気温33度C、無風、湿度62%!うだる暑さです!我が家の猫ヒロシも、涼しさを求めて右往左往~。でもって、今日はフローリングの部屋の座布団にハイこの通り寝そべって、、。間もなくやってくる八月を、いかに過ごすか、まあゆっくり寝ながら考えようっと!

と思う間もなく、昼食の片付けを終えてリビングで一休みしていたところ、視線の先ヒロシ回廊のエアコンの真下、クッションにちょこんと座っているではないですか!涼風がくる最高のところに位置取りです。但し、クッションとサイズが合ってないですよ~(笑)

エアコンの真下、涼風の通り道!ただし、クッションとサイズが合ってないですよ~(笑)

猫は黙ってゴロン也!無駄に動かないのが賢い!

大暑の夏祭り

一言通信

2022/07/24(日)

暦に上では7月23日は一年で一番暑い日とされる「大暑」、正に大暑となった7月23日、大井一丁目鎧町会が、夏休みに入った地域の子ども達に楽しんで貰おうと、3年ぶりに夏祭りを開催しました。

開始まで木陰で過ごします

今まででしたら、焼きそばやかき氷などの食品も提供したんですが、コロナ禍で飲食はちょっとどうかなと言うことで、射的に輪投げにヨーヨー釣りで楽しんで貰うことに。

うまく入ったかな?

熱を帯びるヨーヨー釣り

大暑とあって開始予定の10時には、既に気温32度を上回り、この暑さの中皆さん参加してくれるのか危ぶんでいましたが、何と行列が出来るほどの参加者です。若い親子連れが目立ち、日頃あまり見かけない方々なので、たぶん近所に出来た高層マンションの住人の方々かな?皆さん今後とも町会行事への参加、よろしくお願いします。

 

月替わり御朱印

一言通信

2022/07/20(水曜日)

月替わりで季節の柄などが描かれた御朱印がいただける神社があるとテレビの情報番組で知り、ちょっと気になっていたその”尾久八幡神社”へ行ってきました。阪東三十三カ所札所巡り、秩父三十四霊場札所巡り、御符内八十八カ所霊場巡りと御朱印を戴いてきていて、また行く先々の神社仏閣でも御朱印を戴いているのでここは見過ごせません。

ひまわりが印象的な御朱印です

ひまわりが印象的な七月の御朱印です。

荒川遊園地が目の前に

大井町の家からりんかい線で池袋へ出て、山手線に乗り換え大塚へ。ここから、ちんちん電車の愛称で親しまれる「東京さくらトラム」三ノ輪橋行きに乗り、目指す「宮ノ前」までチンチン電車に揺られ、道路や町ゆく人と同じ目線で町を眺めながら、”小旅行”を楽しみます。

東京在住七十有余年になりますが、実は荒川区江戸川区北区葛飾区といった辺りにはあまり足を踏み入れたことがなく、滝野川とか飛鳥山、王子、荒川遊園地など、名前は聞いたことがあるという駅名が次々登場し、飛鳥山って、あ~この辺が今度新紙幣に描かれる渋沢栄一翁の暮らした辺りなのかと、しみじみ町を眺めます。

今度孫達を連れてこようと思っている荒川遊園地を過ぎて、電車は宮ノ前に到着します。明るく開けた尾久八幡神社の鳥居を潜り先ずは参拝。件の御朱印を戴きに社務所にお邪魔します。七夕が描かれた御朱印もありましたが、もう日にちが過ぎてしまったし、今回はひまわりが描かれた御朱印を戴きます。

早稲田行きのチンチン電車

「諸芸脳上達」叶う祈願と書かれています。叶えたいが腕前が、、、。

 

各種お守りの中には、”弁天様の琵琶守”と札が付けられた琵琶の形のお守りがあり、七十の手習いで中国楽器の二胡を習っていて、”諸芸脳上達”との添え書きがあり、効能あらたかなることを願って(笑い)そちらも戴き、再び早稲田行きのトラムで帰路につきました。

 

白ナス

一言通信

2022/07/16(土曜日)

義兄の新盆で姉のところへ焼香に上がりました。お仏壇に白いナスがあげられていて、初めて見る白ナスに思わずパチリ!この3月初めに亡くなった天国の義兄も眺めているかしら!

手広く不動産業を営んでいた義兄でしたから、何やかにやお盛り物がお仏壇に乗り切らないほど。この白ナスはご近所の八百屋さんからだそう。

義兄が亡くなり新盆を迎えお焼香に伺ったところ、白ナスのお供え物には驚きました!

紫陽花一輪

一言通信

2022/07/16(土曜日)

植え込みに植えておいた紫陽花が遂に咲きました。今は亡き夫の親友のTさんから株分けして貰ったのを、植え込みに植えて三日に一回ぐらい(今の時期は毎日朝夕ただけだったんですが、苦節十年、ようやく花を咲かせてくれました。たった一輪ですが、薄いブルーの控えめな色合いが、何とも愛おしい!ご仏前に報告しなくては!

苦節十年、猫の額ほどの植え込みに、株分けして貰った紫陽花が、たった一輪ですが咲きました。癒やされます。

七夕

一言通信

2022/07/07(木)

七月七日七夕です!東京は現在曇り、午後は雷雨予報も出ていますが、夕暮れには七夕日和になって欲しい!

「コロナ撃退!」「ウクライナに平穏を」「物価上昇阻止!」短冊に込める願いは、もうこれっきゃないでしょ!ここへきてまた陽性者が増えてきたコロナ感染症、もういい加減いして欲しい。

会いたい人に会い、対面で話しして食事して、笑って泣いて、、、。とにかく普通の日常を取り戻したい。

戦争絶対反対!世界共通の願いよ届け!

戦争の影響で、資源価格の値上がりが続き、もろに家計直撃!こういうときのために政治があると思うのですが、目に見える物価対策を、この国の政治家さんたちは何かやってくれたかしら?

夕べの鐘が鳴る頃、晴れた空に天の川が観られたら、、

近所にある権現神社は笹の乱舞です!願いが叶えられるといいのですが

東京2020オリンピックSIDE:B

一言通信

2022/06/28

猛暑ですね!外出は一日一回としたいところですが、主婦はなかなかそうはいきません。昨日も、朝イチ「東京2020オリンピックSIDE:B」を観に品川まで出かけ、その後夕方は夕食の支度で食材の買い出しで駅前へ出かけましたから二度の外出です。これはもう最低限の外出です。

さて先週の「東京2020オリンピックSIDE:A」に引き続き、昨日は「東京2020オリンピックSIDE:B」を観てきました。Aが選手が主役なら、Bは主に裏方の方々にスポットを当てて展開していきます。記録映画と言うよりは、ドキュメンタリー色の強い映画でした。

コロナ大流行の最中、緊急事態宣言も発出されて外出が制限され、喧々諤々大議論の末、大会が一年延期になり更に無観客という異例ずくめの大会になったんですから。ドキュメンタリーになるのは仕方ないところです。選手は勿論裏方の方々の困惑は、、その困惑ぶりがこの映画を通して知ることになります。

1964年市川崑監督が手がけた「東京オリンピック」とは、180度違うタッチで作られていて、異例づくめの大会ですから河瀬直美監督が纏め上げた「東京オリンピック2020」は、私はドキュメンタリーと思って観ることにしました。

会場の設営や管理、食堂の運営、選手村の日々、、、数え上げたらきりがないほど問題山積の大会にあって、救いは選手達が結果を残してくれたことでしょうか。正しくオリンピックの歴史のターニングポイントになった大会であることは間違いないですね。

皆さんもぜひご覧になってください。こんな大会は二度とないと思うので。